株の銘柄も様々ありますが、一体どの株の配当が高く、利回りが良いのか…そんな高配当の株をご紹介したいと思います。また様々な無料サイトでもオススメの株が紹介されていますので、それを一度覗いて見るのも手ですよ。

注目の高配当株

2767株価は個別株より上場不動産投資信託に魅力

日本の株式市場では、8月の中旬から下落傾向が強まっています。中国の株式市場が大きく崩れたことから、日本の株式市場でも先行きに不透明感が広がってきています。日本の代表的な株価指数が下落している中で、2767株価もピーク時から20%ぐらい下落幅が出ています。2767フィールズはパチンコやパチスロの遊技機の販売を中心としている企業で、近年の業績は大きくは伸びない状況があります。そのため、2767株価は全体相場が下落すると、代表的な株価指数以上に下げてしまうことが起こってきています。日本の株式市場では大きな調整があったことから、今後もしばらくは不安定な相場が続く可能性があります。そうした環境から2767株価も、戻りが鈍くなってしまうことが想定されます。よって、今は2767に投資をするには危険が伴っています。2767フィールズと同じように業績が大きく変動しない株式においては、上場不動産投資信託が存在しています。上場不動産投資信託は不動産運用会社などが保有している不動産へ投資をすることで、家賃収入の一部を配当という形が受け取ることが可能です。現在の上場不動産投資信託の配当利回りは年率で3%を超えるものが少なくないです。そのため、上場不動産投資信託は高配当銘柄としての魅力が、非常に高まっていると言えます。上場不動産投資信託は個別株式ほどには価格変動がない特徴があります。したがって、上場不動産投資信託を購入すれば、安定運用を図ることが可能になってきます。また、上場不動産投資信託の種類の中では、物流センターや有名旅館に投資をするタイプも販売されていて、そうした種類ならば、今後も需要の増加が見込めるために将来のキャピタルゲインを増やすことも実現できる可能性があります。