株の銘柄も様々ありますが、一体どの株の配当が高く、利回りが良いのか…そんな高配当の株をご紹介したいと思います。また様々な無料サイトでもオススメの株が紹介されていますので、それを一度覗いて見るのも手ですよ。

注目の高配当株

株の専門用語

株では多くの専門用語がありますが、良く出てくる用語はその中のいくつかです。まずIPOです。新規公開という意味で、創業者などが独占していた非公開株を、一般の投資家が取引できるようにすることです。IPOは担当している証券会社で口座を開設します。人気がある銘柄は、倍率が高く抽選で外れることもあります。勢いのある会社や業種の銘柄が高値が付きやすいです。次に利食い売りです。ある銘柄を購入して、その後大きな値下がりがあると買った時より価値が低くなって、売りたいのに売れない状態に陥ります。その場合は、買った直後に値上がりした時点で売ることが大切です。利食い売りとは、買値より株価が上がっている時に、まだ確定していない含み益を実際の利益にすることです。また株価が上昇した後で下落することを、市場では「押す」と言います。投資家は利益を出すために、安い時に買い高くなって売る必要があります。押し目とは、投資家たちがこのくらい押せば下落が止まって、上昇傾向に変わると予想する目安のことです。株価の下落と上昇は誰もが予想できることではありません。よって投資家は、プロとアマチュアに関わらず、様々な難しい分析方法から押し目を使います。押し目には1/3押し、1/2押し、2/3押し、全値押しの4種類があります。一般的に業績が良かったり、注目されたりする会社の銘柄は、下がったら購入して、上がる前に再び買うと多くの投資家が考えます。よって少し株価が下がると、1/3押しのように早めの押し目で購入されます。人気のない銘柄では1/2押しや2/3押しなど、遅めでないと買う人が増えません。横ばいで動く銘柄は全値押しを待つ状態です。