株の銘柄も様々ありますが、一体どの株の配当が高く、利回りが良いのか…そんな高配当の株をご紹介したいと思います。また様々な無料サイトでもオススメの株が紹介されていますので、それを一度覗いて見るのも手ですよ。

注目の高配当株

東京ガス株価及び日立化成株価

東京ガスは、日本でもつとも大きい都市ガス供給会社で、原料の天然ガスの開発にも注力していいます。また、新しいところでは、ガスによる発電設備の開発なども手がけています。ここ数年の業績は、微増といったところで安定していて、直近の配当利回りは1パーセント後半です。
2008年の経済危機以降の東京ガス株価は、しばらくの間300円台から400円台の間で安定的に推移していましたが、2012年に入る頃から上昇トレンドに転じてきました。最初の頃は上がり方も緩やかでしたが、2013年に入って400円台から600円を伺うところまで上がりました。その後調整で戻して2014年を迎え春頃から再び上昇をはじめて1015年の4月には800円台をつける場面もありました。直近では、ここが最高値でトレンドは下降に転じて8月に一旦700円台に戻しましたが弱気トレンドは変わらず直近の株価は600円前後です。
日立化成は、日立グループに属する化学関連の会社です。自動車や電子関係の部材の製造やリチウム電池など蓄電池などの部品製造をしています。ここ数年の業績は東京ガス株価と同様に安定しています。
2008年の秋以降の日立化成株価は、2009年から上昇しはじめ1000円前後の底値から同年内には2000円をつけるところまで伸びました。2010年の春頃が、この上昇相場の頂点で、その後は上下の動きはあるものの下降トレンドが2012年まで続きます。日立化成株価が反転するのは2012年の後半になってからです。2013年には1000円台の後半まで値を上げましたが、そこからはしばらく一進一退を繰り返していました。再び上昇トレンドがあらわれるのは2014年の春になってからで、2015年の春の2700円台が直近の高値です。その後は下降に転じて直近の日立化成株価は1600円台です。